西濃支部

西濃支部からのお知らせ

【西濃地区】

西濃地区について

この地域は地下水が豊富で「水の都」と呼ばれ、木曽三川の水の恩恵を受ける一方、「輪中」と呼ばれる堤防に囲まれた集落を形成しており、度重なる洪水に悩まされてきました。
江戸時代の俳人・松尾芭蕉の紀行文「奥の細道」は、大垣市の水門側船町港でむすばれており、その後船で三重県に向かった芭蕉は、見送りの人々との別れを惜しみ、この船町港跡には現在も住吉灯台が建ち、当時の風情を残しています。

 

西濃支部会員一覧

Copyright(c) 2019 一般社団法人 岐阜県損害保険代理業協会 All Rights Reserved.